2018年03月11日

であいもん (4)

であいもん (4) 

浅野りん (著)
角川コミックス・エース 2018/3/2
出版社/KADOKAWA

であいもん (4).jpg

京都×和菓子×家族。4巻は冬の御菓子をお届け致します――。

お正月の定番「花びら餅」や、体をポカポカ温めてくれる「善哉」など
冬の御菓子が満載。
寒い季節にオススメの心温まる珠玉のハートフルストーリーを和菓子
と共にお楽しみ下さい。
---引用

DSC_0214.jpg

目次

第16話 冬天聖樹
第17話 初春
第18話 酒饅頭
第19話 春待ち偲ぶ
第20話 よきかな

月刊ヤングエース 17年9月号~18年1月号掲載分

ComicWalkerコミック無料

 浅野りん先生の『であいもん』4巻です、

「一果」と母のクリスマスイブデートに加え毎度なカオス三角関係

「冬天聖樹」の16話。

緑松の年末年始、ハートフルな「花びら餅(ひしはなびらもち)」の

話が「初春」17話。

女装癖なうな咲季君と兄や実家(饅頭屋)の話の「酒饅頭」が18話。

緑松従業員お鶴さんの過去と「未開紅」なお話が「春待ち偲ぶ」19話。

「一果」のトラウマ雪降る冬の日「よきかな」が20話「善哉」。

DSC_0215.jpg

DSC_0218.jpg

 今回もどの和菓子、どれも美味しそうでしたが花びら餅と未開紅は

まだ食した事がありません、今度買って食べよう(笑

 益々「一果」が可愛いのですが、流石に冬の話がメイン。緑松に

連れて来られた時を想い出し自身の行動に自責感をもってしまっ

ている話がしんみり系です。

 好調に連載を重ね今回で4巻の冬表紙です。次は夏予定の5巻、

春夏秋冬で表紙を飾って来たので今度は季節以外かと気になる部分

では在りますが、既に雑誌の掲載分は春メインなラインナップ、やはり

「春」でしようか。

 しかし実の兄が気が付かない女装とはお見事な「咲季」君ですが、

設定では美少年?。晦日に紅白見ながら寝てしまう「一果」への描写

が細かいやら巻末の4コマ漫画が面白いやらとクオティの落ちない

『であいもん』4巻を堪能ください。


posted by みのりさん at 11:25| Comment(0) | 書籍 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
写真素材のピクスタ